lifestyle09

SEが大手SIerに転職することで得られるメリットとは


SIerの仕事とは、個別企業のために情報システムを構築して、戦略立案から、企画、設計、開発、運用、保全まですべてに関する業務を行います。SIerにもそれぞれの系統というものがあり、転職する際にはこの系統が非常に重要になってくるので、ひと口にSIerというくくりで転職してしまうとその後大変なことになるので十分注意しましょう。

まずメーカー系SIerについて。このSIerはハードウェア―メーカーが親会社で、大手としては富士通ビジネスシステムやNECソフト、日立情報システムズなどがあります。次にユーザー系SIerについて。金融・物流などシステムのユーザー企業が親会社となっていて、NTTデータ、新日鉄ソリューションズ、住商情報システムズなどがあります。独立系SIerというのは、親会社を持たないSIerで、大塚商会、CTC、CSK、インテックなどがあります。そして最後にコンサルティング・ファームです。これは主に経営コンサルティングを行う企業で野村総合研究所や日本総合研究所、アクセンチュアがあります。

このような大手のSIerに転職することでパソコン全般、プログラミング、システムの業務知識、プロジェクトの管理能力などのスキルが身につきます。特に業務知識に関しては、最初に入った現場がその人の一生を決めるともいわれるくらい重要です。大手のSIerに転職することによって、大きなプロジェクトに関わる仕事ができるという点で、SEにとっては将来的にも大きなアドバンテージを得ることができます。

大手SIerに転職したいSE、転職活動のコツは?

日本最大手SIerで人気が高いのはNTTデータですね。それから富士ソフト、ITホールディングス、大塚商会、CSK、CTCなどが名を連ねています。いずれも東証一部上場企業です。元々これらの会社から他の会社へ転職したいということなら問題ありませんが、中小企業出身、低学歴出身で大手を狙うのはこれは困難になってきます。学歴の壁はやはりあります。外資系企業でもそうです。なので転職活動のコツ、ということではいかに自分がこれまで参画してきた業務、スキルがその大手が出している求人で求められている人材像と合うか否かということに集約されます。もし枠があって応募が少なければ自分にも可能性がありますので、数多く情報収集する事からスタートしましょう。