中小企業へのSE転職。そのメリットとデメリット


SEが働く中小企業では下請け仕事が多く、どうしても親会社や取引先のムリな納期に応えなければ、受注量が減らされてしまうなど弱い立場にいます。カットオーバーが近づくと、土日の休日も返上で1日15時間以上の勤務も珍しくありません。また、常に見積もり競争にあるため、経費削減のために残業代も出ないという限りなく「ブラック企業」に近いという中小企業もあることは確かです。 続きを読む 中小企業へのSE転職。そのメリットとデメリット

メーカーへSEとして転職した場合のメリット・デメリット


メーカーでのSEの仕事は、主に自社製品向けのソフトウェアの開発になります。いわゆる組み込み系と言われる職域です。メーカー規模にもよりますが、製品向けソフトウェア開発は高度な技術が要求されますから、メーカーへSEとして転職するのは自分のスキルのステップアップと捉えることが必要です。メーカーの場合上級のSEでもコンサルでも納期に関係なく忙しいため、「楽をしよう」と転職する人にはお勧めできません。 続きを読む メーカーへSEとして転職した場合のメリット・デメリット