将来安定したSEの仕事への転職先とは


「SEの定年は35歳」などと巷でうわさされています。これはあくまでも2次、3次といった孫請けの受注が主な中小企業に当てはまります。仕事の納期に迫られて、ほとんど毎日残業があったり、徹夜が続くなどして体力的な限界が35歳ということです。さらに、肉体的な不安とともに中小企業は取引先の景況によって大きく左右されますから、将来がどうしても不安定になります。 続きを読む 将来安定したSEの仕事への転職先とは